「ロボット」に取って代わられる仕事とは?

 

ボードゲームのプロ

囲碁や将棋、チェスなどのボードゲームは、人工知能の発達により、プロや有段者が次々と敗北しているのが実情です。膨大に入力されたデータから自動的に機会が学習する「ディープラーニング」によって、今もなお、強化されつづけています。今はまだ、奇策によって人工知能が敗北することも多々ありますが、より研究が進めば人間では絶対に勝てないようになると考えられていいます。

 

総務

技術の発達によって、弁護士の仕事を人工知能に任せている法律事務所も存在します。法律や過去の判例などの膨大なデータから、根拠のある回答を提示したり、法律関係の書類を作成したりと、代用できる仕事の幅は広く、業務によっては人間の数百倍の速度で処理することも可能です。より精度が向上すれば、弁護士に次いでは裁判官なども人工知能で置き換えられるかもしれません。

 

人事

SNSに投稿された発言やプロフィールなどを分析して、最適な職場や企業を紹介したり、企業側が求める人材を探したりする研究も進められています。実現すれば、面接や書類選考などの工程を省いて、人材と企業のマッチングをスピーディーに行えるようになります。人工知能を駆使した採用活動が普及した暁には、就活生や就職活動という言葉も廃れていくかもしれません。

 

報道

人工知能の発達により、人間よりも流暢にテキストを読み上げられるようになりつつあります。一部のラジオ放送局では、試験的にアナウンサーを人工知能に任せて、日々のニュースを発信しているほどです。ゆくゆくは、テレビの報道でも、人工知能を搭載したアナウンサーの姿を見れる日が来るかもしれません。

 

運送

現在もなお、自動運転を行う車の研究がすすめられています。実現すれば、乗用車や大型トラックなどの運転が自動化されるため、タクシーや物流業界に大きな影響を与えることでしょう。「車を運転する」という行為そのものが不要になるため、自動運転が完全に普及したあとは、運転免許を取得すること自体が趣味の領域になると考えられています。