国内でもっとも受験者数の多い資格とは?


国内で最も取得者数が多い資格は自動車の運転免許ですが、国家資格や民間資格を合わせると、国内では1,000以上もの資格検定があります。中には、ほとんどの人に存在を知られていないマイナーな資格もあれば、学校や企業に取得を推奨されるほど人気の高い資格も存在します。

 

漢字検定

その名の通り、漢字検定は漢字の読み書きの力を証明する資格です。すべての資格の中でもトップクラスに認知されている資格で、近年は年間で200万人以上の人が受験しています。学校によっては入試の際に漢検の資格を有していると点数が加点されることも多く、学生のうちに取っておきたい資格の一つとしても人気が高まっています。

 

英語検定

漢検と同じくらい人気が高い資格として、英語のスキルを証明する英語検定が存在します。こちらも、漢検と同様に年間で200万人以上の人が挑戦しています。この英検は実用的な英語力を身につけられる資格であるため、高い級位の試験では、英語の読み書き意外にも英語で会話する問題などが出題されます。外国人観光客も近年増加傾向にあり、グローバル化の進む日本では、英検も持っておいて損のない資格と言えるでしょう。

ちなみに、英語のコミュニケーション能力をはかるTOEICテストは、試験や免許ではありませんが、世界規模で実施されているテストのため、受験者数は年間約700万人にものぼります。

 

日商簿記検定

経理や財務の仕事には欠かせない簿記に関するスキルをはかるのが、この日商簿記検定です。1度の試験で100万人以上の人が受験しますが、簿記は年間に3度の試験が存在するため、合計数を換算すると300万人近い人が受験している計算になります。就職や転職に役立てる以外にも、一般教養として主婦や学生が受験することも少なくありません。

 

危険物取扱者

危険物取扱者は、有害な化学物質や可燃性の燃料などを扱う資格です。ほとんどの工業学校で取得を推奨されるほどポピュラーな資格で、年間の受験者は40万人を超えます。製造工場や薬品メーカーなどは、資格を有していないとできない仕事も多く、危険物取扱者はキャリアアップを狙う場合に必須ともいえる資格です。

 

ITパスポート

ITパスポートは、現代社会では必須となったIT技術の知識やスキルをはかる試験です。情報技術に関する資格のなかでは最も難易度が低く、ITに関する基礎的な知識を満遍なく学ぶことができます。こちらも、技術系の資格ながら年間に10万人近い人が取得を目指す人気資格となっています。