海外で流行する「メンタルケア」サービス

日々、ストレスの多い社会で健康的に生きていくためには、自分にぴったりなストレス解消法を見つけることが不可欠です。とりわけ海外では、日本ではお目に掛かれないサービスを展開していることも多く、人々のメンタルケアに役立てられてます。

 

手斧バー


その名の通り、壁のマトを目がめて手斧を投げつけながらお酒を楽しめるバーです。斧を使った「ダーツバー」のようなものと考えれば解りやすいでしょう。カナダで開業されたこの斬新なバーは瞬く間に人気を集め、北米においても10店舗以上の支店ができるほどに成長しました。今後は日本に上陸する予定は今のところありませんが、手斧に馴染みがないため、国内では「まさかりバー」として開店したほうが好まれるかもしれません。

 

無人ジム


中国の街角に存在する無人ジムは、駐車場1台分くらいの大きさしかないシンプルなジムです。中にはランニングマシンやテレビが設置されており、仕事帰りや出先で気軽にトレーニングを楽しむことができます。使った時間に応じて料金が加算されるシステムですが、通常のスポーツジムのように入会費や年会費が発生せず、インストラクターも不在です。短時間でちょっと運動したいビジネスマンに向けたサービスと言えるでしょう。

 

ピローシネマ


ピローシネマは、座席の代わりにベッドが置いてある映画巻です。主にイギリスを中心に人気を集めていますが、国内でもわずかながら同サービスを展開する映画館が存在します。ゴロリとくつろぎながら映画を楽しめるという夢のような環境ですが、リラックスするあまり寝てしまい、肝心の映画をまったく視聴できなかったと嘆く人も少なくありません。このほかにも、温泉やプール、夜景など楽しみながら映画を堪能できる変わりダネの映画館は数多くあります。

 

瞑想バス


もともと瞑想はインド発祥の修行法とも言われていますが、アメリカにも瞑想ファンは多く存在します。アメリカ市内を走る瞑想バスは、インストラクターと一緒にバスの中で瞑想レッスンを行える移動型の瞑想スタジオです。客間の部分がまるまるスタジオになっており、ストレス解消や集中力アップなどを求める人達に人気が高まっています。