独身の人が「独身を続ける理由」とは?

 

国勢調査によると、2015年度の生涯未婚率は男性で23.37%、女性で14.06%という結果が出ています。具体的には、女性は約7人に1人が、男性に至っては約4人に1人が、50歳までに結婚をしたことがないという状況です。これが異常か否かに関しては、判断が難しいところですが、かつて主流だった、「大人になったら結婚するのが普通」という価値観を持っている場合、これは相当な異常事態でしょう。今は、巷で「独身でいる理由」を聞いてみても、実に様々な答えが返ってきます。

 

1人でも暮らせてしまう

現代は、1人でも快適に楽しめる娯楽が充実しているうえ、生活サービスや家電の進化により、昔ほど家事の負担が大きくありません。つまり、昔ほど1人でも生活することが苦では無くなっているのです。そのため、結婚することにメリットを見出せない場合は、結婚という選択肢をわざわざ選ぶ理由がありません。かつては、友達や仲間が多い人ほど称賛され、孤独でいることを悪とする空気が蔓延していましたが、現在はその価値観も薄れ、独身でも過ごしやすい世の中になりつつあります。そういった社会情勢も生涯未婚率を上昇させる要因になっているでしょう。

 

お金が無い

単純、先立つものが無ければ結婚は難しいでしょう。そのため、収入や貯蓄が少ない人ほど結婚をすること、結婚生活を続けることは困難になります。その上、終身雇用制が崩壊した現代においては、会社をリストラされた時に世帯を持っていることがマイナスとなることもあります。いつ解雇されるか解らないうえに、収入や貯蓄が無いような状況では、相手が居たとしても結婚に踏み切ることもできないでしょう。また、結婚をしたら自分のために使える金銭が減ることを危惧する人も少なくありません。没頭していた趣味を手放す必要があるなら、結婚よりも独身を選択する人も数多く存在します。

 

夢を追っている

大きな夢を叶えるべく、日々邁進している人から見れば、結婚や結婚生活は足かせとなることが多いでしょう。また、働くことが楽しいあまり、恋愛にかまけているヒマがないという人も居ます。どちらにしても、生活や仕事において、恋愛や結婚が邪魔なものとなってしまうという理由から、あえて避けている人は少なくありません。

 

相手が居ない

自身の能力が低すぎる、相手への要求が高すぎる、出会うきっかけがない。要因は様々ですが、相手が居なければ恋愛も結婚もすることができません。とりわけ、年齢を重ねるとアウトドアな行動も起こしにくくなるため、異性にであうきっかけも減少していきます。きっかけの減少に加え、昨今はインターネットやスマホなどをつかえば、顔を合わせずとも相手とコミュニケーションをとりやすくなるため、密に親交を深めることがしにくい、という理由も大きいでしょう。

 

なるべくして独身になった人も居れば、生涯独身を貫くと決めて、生活をおくる人も居ます。いかにして「幸せに生きるか」ということを考えた時、結婚は必ずしも正解であるとは言えません。ですが、理想の相手に出会えた時や、自身のライフプランを考えた時は、結婚という選択肢を選んでもいいかもしれません。