T-MEMO
  1. >
  2. >
  3. ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶメリット・デメリット

ビジネス英語をオンライン英会話で学ぶメリット・デメリット

英会話はどこにいても使えるスキル

近年、ますますグローバル化が進み、今や小学校では英語が必須科目となりました。ビジネスシーンでも、出張先や外国人とのコミュニケーションの際に、英語を必要とすることもあります。

英語を使う場面は自社内だけに限らず、海外に事業展開するときや、海外のクライアントと接する場合も英語スキルが活かされます。

そのため、多くのビジネスマンが「英語を話せるようになりたい」と思っています。とはいえ、仕事の合間に勉強するには効率よく吸収できる英語学習法を取り入れなければなりません。

そこで、私のおすすめするオンライン英会話をご紹介します。

ビジネスマンにおすすめ!オンライン英会話のメリットとは

オンライン英会話は、コストを最小限に抑えられるメリットがあります。オンライン英会話では、テキストが無料(一部は有料)で用意されるため、基本的にテキストを準備することはありません。

また、オンライン英会話の一般的な費用は月5000円。対して英会話スクールの平均価格は5000円から8000円ほどです。英会話スクールでマンツーマンレッスンを希望すると、2万4000円から3万円と料金も高めになるため、オンライン英会話はコスト面でも優れているのです。

加えて、オンライン英会話はレッスン時間の融通が利きやすく、遅い時間からレッスンを始められます。仕事で帰りが遅くなっても学びやすいので、継続して英語学習に取り組めます。

英会話講師を自分で選べる点もメリットの1つ。講師はできる限り経験が長く、自分に合わせて適切な対応を取ってくれる人を選びたいものです。

オンライン英会話ではレッスンの度に講師を選べるので自分の好みに合わせた講師選びが可能です。マンツーマンでレッスンができるため、わからないところはすぐに質問できます。

オンライン英会話にはデメリットもある

オンライン英会話は、講師がたくさんいるため、自分の英語レベルに見合った講師を選ぶのが難しいこともあります。自由に講師が選べる一方、適切な講師にめぐり会えるかがポイントです。

また、好きな時間に学べる反面、レッスンの強制力が英会話スクールよりも弱いことが挙げられます。個人の学びをサポートするサービスであるため、何を学習するか目標を明確に設定していなければ、学習の継続も難しくなるでしょう。

オンライン英会話は文字通り、インターネットを利用してレッスンを開始します。ネット環境との相性や回線状況によっては、スムーズに会話がしづらくなり、ストレスを感じてしまうかも知れません。

自分に適切な学習法をみつけること

個人的に、英語学習に欠かせないテキストや英会話講師、加えて学習時間を加味したときに、オンライン英会話がビジネスマンに適切な学習法といえます。しかし、学習には相性がありますので、自分にあった適切な英語学習をみつけましょう。

例えば、モチベーションに浮き沈みが目立つ人の場合では、学ぶ時間が決まっている英会話スクールのほうが望ましいでしょう。英語能力が高い人の場合は、アウトプット中心の英会話カフェがおすすめです。

ご自身の英語レベルを考慮したうえで英語学習に取り組むことをおすすめします。