ダイエット中に食べたい「ローカロリー食品」一覧


ダイエット中の食事に高カロリーな食べ物は厳禁ですが、身体に必要な栄養素まで抜いてしまっては、かえって体調を崩してしまいます。今回は、低カロリーながらも栄養価を兼ね備えている食品を、100g中に含まれるカロリーと共に紹介しましょう。

 

寒天(3kcal)

菓子や和風ゼリー、杏仁豆腐などの原料となる寒天は、海藻の粘液質を乾燥させて作られる自然食品です。食物繊維のみで構成されているため、カロリーがほとんど存在せず、便秘の解消や美肌効果に期待できる優れた食品です。ダイエットにも効果的ですが、菓子やゼリーとして加工されたものは、砂糖が添加されていることも少なくありません。当然、食べ過ぎれば逆効果となってしまうため、寒天の加工品を選ぶ時は、栄養成分をしっかり確認しましょう。

 

白こんにゃく(5kcal)

こんにゃくは、皮付きのこんにゃく芋から作った黒こんにゃくと、皮をむいたこんにゃく芋から作った白こんにゃくに分類されます。それぞれのカロリーを比較すると、黒こんにゃく100g中のカロリーが7kalなのに対し、白いこんにゃくは5kcalとなっています。カロリーの低い食べ物の代名詞にもなっているこんにゃくですが、白いこんにゃくのほうがダイエットに向いていると言えるでしょう。

 

マッシュルーム(11kcal)

キノコの中でもとくに人気の高いマッシュルームですが、そのカロリーの低さも群を抜いています。とりわけ、食材の中でもキノコ類は、全体的にカロリーが低めに抑えられているため、ダイエットにおける主力食品となり得るでしょう。ビタミンやミネラルを摂取しながらも、カロリーを摂りたくないという人には最適の食材です。

 

アサリ(30kcal)

味噌汁の具材やイタリア料理のパスタなどに使われるポピュラーな貝類ことアサリですが、海産物のなかでは、とくにカロリーが低いことでも知られています。同じ海産物でも、サバやサンマのような青魚は、カロリーが高めです。青魚は「脂がのるほど美味い」とされていますが、脂の量に比例してカロリーも上昇してしまいます。

 

おかゆ(71kcal)

ダイエットを念頭に置くのであれば、おかゆを主食にするのも良いでしょう。白米と比較をしても、おかゆのほうが摂取するカロリーを半分程度に抑えることができます。カロリーを抑えるという目的であれば、主食を玄米にしてもいいでしょう。ただし玄米は、白米やおかゆと比べて消化吸収されにくく、人によってはお腹を下す原因ともなり得るため、注意が必要です。

 

絹ごし豆腐(56kcal)

ダイエット中にたんぱく質を摂取する際は、低カロリーでたんぱく質も摂れる豆腐を積極的に食べるようにしましょう。カロリーの低さという点では、木綿豆腐よりも絹ごし豆腐が優れています。豆製品は全体的にカロリーこそ低めですが、油揚げや餡子などは、脂質や糖質を含むため、カロリーが高くなっています。

 

鶏のささみ(105kcal)

肉類は、鶏肉、豚肉、牛肉の順にカロリーが増加します。中でも鶏のささみは、食肉の中でも比較的カロリーが低く、ダイエットに向いている食材と言えるでしょう。栄養価の高さや値段の安さを考慮すれば、鶏レバーや鶏胸肉なども積極的に食べたいところです。ただし、調理法や味付けによっては、カロリーが大きく上昇してしまうため、鶏肉と言えども注意が必要です。