節約旅行に最適!格安の宿泊施設まとめ


旅行が趣味という人にとって、高額な旅費というのは悩みのタネです。そして、旅費の中でもかなりの割合を占める要素と言えば、ホテルや旅館の宿泊費でしょう。旅行は好きだけど、高い旅館やホテルは避けて、できるだけ安く楽しみたいという人は少なくありません。そこで今回は、旅行や遠征の際に役立つ安い宿泊施設を紹介致します。

 

『ネットカフェ』に泊まろう

メリット
・娯楽要素が満載、24時間チェックイン可能
・料金は安め、1000円~2000円程度。
・シャワー使用可能、身体洗えるのは最高。

デメリット
・寝心地に関しては、「慣れ」が必要。
・確保できるスペースは狭い。

 

旅先でお世話になるなら、最も安価に泊まれる宿泊施設です。宿泊以外にも長距離バスまでの時間潰しにも使えるのがメリットとなります。ネットカフェによって、サービスの内容は異なりますが、色々なネットカフェの会員証を作っておくと、私生活でも何かと役立ちます。

荷物の整理をしたり、寝心地を少しでも良くしたい人は「ボックス席」を確保しましょう。仕切りがあるのでプライベートも守られ
「たたみ1.5畳分」程度のスペースが確保できます。このスペースを自由に使えるため、寝るのに不自由しません。お店も、宿泊目的で来店する人のために、追加料金でカミソリやタオル、充電器の貸し出しのサービスなどを行っています。ありがたく利用するようにしましょう。

 

「カプセルホテル」に泊まろう。

メリット
・大浴場がある場所が多い、風呂好きに嬉しい。
・料金はピンキリだが安め、2500円~5000円程度。
・テレビ、ラジオ、充電器あり。

デメリット
・極々たまに声がうるさい客に出くわす。
・予約をしていないと泊まれない事がある。

 

最近はすっかり豪華になって、「ちょっとした健康ランド」と言っても遜色が無いほどになったのが、このカプセルホテルです。サウナや温泉がある他、マッサージが受けられる店も多く、旅の疲れを存分に癒してくれます。満室や予約制である場合に泊まれない事が多いので、スマホから「楽天トラベル」や「るるぶ」を活用して、部屋を予約できるようにしておくと便利です。旅行以外でも、終電を逃した時や、ちょっと「独りになりたい」時なんかにオススメの宿泊施設です。

 

「ビジネスホテル」に泊まろう。

メリット
・格安旅行の際に使う宿泊環境に関しては最高峰。
・複数人の旅で泊まる際はこちらが便利。

デメリット
・値段はやや割高、予約制。4500円~10000円程度
・娯楽的な要素はほとんどありません。

料金は多少高めですが、純粋な宿泊施設なので、宿泊するという点に関しては、最高の施設でしょう。ネットカフェやカプセルホテルと違い、完全な個室タイプなので、複数人で宿泊する時なんかはこちらがオススメです。ビジネスホテル特有のお風呂が苦手という場合は、浴場が別にあるタイプのホテルを選んでも構いません。

 

「24時間営業の店」という選択肢も。

カラオケやマックなどの24時間店舗を利用すれば、破格値で夜を明かすことも可能です。ただし、長い遠征旅行に関しては「体調管理」が重要なので、安さは魅力でもあまりオススメできません。

軽食以外に時間を潰したりする点では優秀なので、始発までの時間や、目的地の施設が開くまでの時間に使用する、という程度にとどめておくのが無難です。車を所有してる人であれば、高速道路の「サービスエリア」で寝泊りするという選択肢もありますが、ネットカフェと同様に、身体を痛めないよう注意が必要です。