イヌネコ好きにオススメ!ペットに関する資格

 

獣医師

獣医とは、その名の通り動物のお医者さんのことです。動物病院で働いているイメージが強い獣医さんですが、実際は動物園や水族館などで大型の動物を扱うことも多く、働く場所を選びません。また、都道府県の施設や検査機関に勤め、家畜の予防接種や検査などを行う公務員の獣医師も多く存在します。

 

トリマー

トリマーとは、犬のブラッシングや、爪の手入れなどを行う専門資格です。犬の美容師と称すると解りやすいかもしれませんね。資格を取得すると、ペットショップや動物病院、専門のトリミングサロンなどで働くことができます。犬によって似合う毛並みは異なるため、様々な犬種に精通していなければ、資格の取得は困難でしょう。

 

ペット販売技能師

主に動物を販売する知識や技能を証明するのが、ペット販売技能士の資格です。具体的な仕事内容は、ペットを購入する飼い主に対して、育成方法や管理方法を指導することです。ペットショップでペット販売に携わる人は、是非取得しておきたい資格のひとつでしょう。

 

ブリーディング技能師

動物の交配は、生物学や遺伝学などの知識を持たずに行うと、遺伝病を持った個体や病気に掛かりやすい個体が生まれることもあります。愛玩動物として扱われる犬や猫などを、繁殖させる知識や技術を証明するのがブリーディング技能士です。資格を取得するためには、犬や猫などのペットに関する知識はもちろんのこと、動物看護学や繁殖飼育学などの高度な専門知識が求められます。

 

ドッグトレーナーライセンス

ドッグトレーナーライセンスは、犬のしつけに関する知識と技術を証明する資格です。ドッグトレーナーとして働く人は、主に人間社会で生活する犬に対して、トイレや食事、散歩の指導などを行います。また、日々どのようなしつけを愛犬に行うべきか、飼い主に対してアドバイスを行うのも、ドッグトレーナーの役目です。また、ドッグトレーナーライセンスのほかにも、盲導犬を訓練する「盲導犬訓練士」という資格も存在します。