管理職を目指すなら必見!ビジネスマネジャー検定試験とは

ビジネスマネジャーとなる事の重要性

企業は組織で構成されていますが、その組織の中で管理職、つまりマネージャーとなる場合、企業、社員を結ぶ役割を持ち、社員に経営についてのビジョンを浸透させる、また事業戦略についての知識を深く認識させ、それを実行させるなど、人材育成という部分で非常に大きな役割を持っています。

しかしこれから前ネジメント業務についてゼロから手法を勉強するという事では、現代のように経営環境が変化していく中、かなり難しい事となるでしょう。
業務において成果を常に出し続けるためには、知識をしっかり入れること、それを活かすことが重要です。

そこで企業の中で知識を得ていくことはもちろん、マネジメントに対する総合知識を身に着ける事が必要となるのです。
マネージャーが常によい成果を出すためには良い情報を継続的に取り入れていくことが必要となり、その中でビジネスマネジャー検定試験というのは、マネージャーとしての知識や情報の取り入れ方などを深く効率よく学ぶことができる検定です。

マネージャーとして学ぶべきこと

組織の中のチーム、そのリーダーとして成果を積んでいくことが大切になるので、ビジネスマネジャー検定試験では、三つのカテゴリが用意されています。
コミュニケーション、人材育成などを深く学ぶ、人と組織についてのマネジメント、事業管理と各課題に対する戦略の立案などに必要な業務のマネジメントを学ぶ、さらにリスク管理、コンプライアンス、ハラスメントなどの職場のリスクマネジメント、この三つを学ぶことが必要です。

またチームのリーダーという立場に立つという事に不安を持っているという方も少なくありません。
精神的な戸惑い、リーダーとしてチームを牽引していくことができるのかどうか、その不安を払しょくするためにも、ビジネスマネジャー検定試験に向けて学ぶことはとても大切な事となります。
マネジメントの知識をしっかり得る事で不安をなくし精神的に積極性をもってマネジメントに挑むことができるように、深いマネジメント力を付けることで自信をもってリーダーとして活躍する事が出来ます。

ビジネスマネジャー検定試験の試験要項

学籍や年齢、性別国籍など関係なく受ける事が出来ます。
公式テキストの掲載内容とその知識を理解しているかの応用力を問う試験です。
マークシート方式による選択問題で2時間の試験時間の中、100点満点中70点以上で合格です。
受験料、試験会場については商工会などで確認してください。

試験の際には受験票と筆記用具、運転免許証やパスポート、写真付きの住民基本台帳カード、個人番号カードなどが必要となります。
スマホや携帯を時計代わりに利用する事は出来ないので、時計は腕時計のみ持込みできます。