マイクロソフトに詳しくなれる!MOSとは

社会人なら押さえておきたい国際資格MOS

エクセル、ワードなどビジネスでもプライベートでもよく利用するソフトですが、こうしたマイクロソフトのオフィス商品について、その利用スキルを証明するという資格が、MOSです。
この資格を持っていることで、パソコンスキルを客観的に証明することになりますし、対策学習を行う事で実務力に直結します。
様々な機能を使いこなす知識、技術を身に着ける事が出来るので、業務や作業効率が格段に向上しますし、この資格を保有していることで社会人として必須スキルを保有しているという証明になり、就職や転職という時にも非常に役立ちます。

また試験の合否に関しては、受験後即判定されるので合格すればその日から履歴書にMOSの資格を取得していることを明記できるのです。
世界で行われている国際資格となるので、グローバルな活躍をしたいという人にとっても、非常に有利な資格です。

試験について

マイクロソフトオフィス商品というのは利用されている方ならわかるように、各バージョンによって新しい機能の追加、改良がおこなわれています。
そのため、マイクロソフトオフィススペシャリストについては、バージョンごとに試験が用意されているので、自分が活用されているバーションを受ける事が出来ます。

試験科目はそれぞれ独立している宇野で、最初から上級となるエキスパートを受験することもできます。
一般レベルがスペシャリストレベル、上級はエキスパートレベルとなっています。

ワード、エクセルについてはスペシャリスト、エキスパートの2レベルがあり、ワードの一般レベルは文字サイズ、フォントの変更、票の作成、編集、文書の印刷など、ワードの基礎的知識を持っている方が認定されます。
エキスパートになるとスタイル機能、目次、索引作成などの長文機能や他のデータからの取り込みなど、ワードの高い機能を理解している方が認定されます。

エクセル一般レベルは、セルの書式設定、数式、基本的な関数の作成などのエクセルの基本的操作ができる事を認定するもので、エキスパートになるとピポットテーブルなどのデータ分析、マクロの作成、条件付き書式など、エクセルでも高度な機能を理解されている方が認定されます。

受験について

受験は随時試験と全国一斉試験があり、随時試験は各試験会場が設定した日程となっています。
試験会場ごとに定員次第使命きりとなりますので、各試験会場の設定した日程等を確認し、早めに予約する方がいいでしょう。

全国一斉試験は、毎月1回から2回、日曜に行われています。
試験日ごとに申込み期間が設けられていますが、一般的に各試験日の約1ヵ月半から1ヶ月くらい前に受付が開始されます。
パソコン教室などで受験会場等確認出来ますし、インターネット上でも確認ができるので、自分の暮らしている地域から選択して試験を受けるようにするといいでしょう。