仕事でつまずいた時に考えたい「逆回転」の発想

つまずいたら逆回転

仕事でつまずくことは誰しもあると思います。
僕も1日の仕事の中でもつまずくことはたくさんあります。
ですが、そうした時にも切り替える方法を知っておくことでスムーズに対処することができます。
そのための一つの方法が、逆回転の発想です。

分かりやすい例が忙しい時です。
忙しい時には仕事に追われて、1日中仕事、その次の日も仕事、さらにその次の日も、という風になってしまいがちです。
そうした時こそ逆回転です。
あえて、リラックスできる時間を作ってみるのです。
無理やりに携帯電話もPCも持たないようにして、どこかゆっくりできる所に行ってみます。

そうすると不思議なほど自分を解放できて、リラックスできるのです。
そしてさらに、仕事にも良い影響が出てくるようになります。
今まで湧かなかった新しいアイデアが浮かんできたり、さらにバリバリ働けるような大きなモチベーションが生まれてくることもあります。
このように、逆回転にはとても大きな力があるのです。

ぜひあなたも逆回転の思考法という大きな武器を使いこなしてみてほしいと思います。
上手く逆回転することができれば、あなたは自分の人生をよりスムーズに回転させられるようになるのです。

歯車をイメージする

逆回転の発想は歯車と似ています。
歯車はいくつもの歯が噛み合って、連動して回っています。
ここでは人生の色んな歯車が回っているとしましょう。
仕事、恋愛、趣味、健康などの歯車が噛み合って回っています。

仕事が忙しいとき、これは仕事の歯車が必要以上に回っている状態です。
スピードが速すぎるとその回転に他の歯車はついていけず、ガタガタの状態になってしまいます。
これがいわゆる空回りの状態です。

逆回転の発想は、歯車を少し逆に回転させて噛み合いを良くする作業のイメージです。
そして、噛み合ったら再度歯車を回すことでスムーズに動くようになるのです。
これはイメージですが、かなり思い当たることもあるのではないでしょうか。

全ての歯車をバランス良く回す

このイメージがあると、仕事だけでなく全ての歯車のバランスがとても大切だということが分かります。
恋愛に夢中になると仕事が疎かになる方もいますが、これは恋愛の歯車が高速回転してしまっている状態です。
全ての歯車をバランス良く整えることで人生がスムーズになっていき、全てがより速く回るようにもなってきます。
こうなればしめたものです。

ぜひ、逆回転の発想を使いこなして、あなたの生活もさらにクオリティの高いものにしてみてほしいと思います。
最近何か調子が悪いなという方は、どこかの歯車がおかしくなっているかもしれません。
一度じっくり点検してみてくださいね。