相手を不快にさせる会話中の「クセ」

気付かないうちに不快にさせてしまっていることも

常日頃から色んなお客様と接していると、相手の方を気付かないうちに不快にさせてしまっていることもあります。
これは自分で気付くのはなかなか難しいかもしれませんが、一度振り返ってみることをおすすめします。
気付いてこれはやってしまっていたというものがあれば、ぜひ改善していきましょう。
そうすれば今まであまり良い印象を持たれていなかった方にも好印象になる可能性もあります。
小さなことでも改善していくことが大切なことですね。

不快になりやすいクセをご紹介

相手の方を不快にさせやすいクセとして、まずは貧乏ゆすりがあります。
これは不快な方はとても不快なので、なるべくやめることをおすすめします。
自分は気持ちが安定するかもしれませんが、目の前の方は逆に不安定になってしまいます。
お客様を目の前にするとどうしても緊張などからやりたくなってしまいますが、そこをぐっとこらえてやらないようにすると良いでしょう。

目をあまり合わせようとしないことも不快にさせてしまいやすいです。
自信がなさそうに見えてしまいますし、相手の方も自分のことをあなたが嫌いなのではと思ってしまいやすくなります。
目を見て話すことはとても大切で、相手の方に自分の気持ちをしっかり伝えたいという気持ちの表れにもなります。
一度自分が相手の方とどのように話していたかをチェックしてみることをおすすめします。
意外と気が付かないうちに目を合わせていなかったりするので、早い段階で改善しましょう。

だらしがない座り方も不快にさせやすい原因です。
特にあなたの方が目下に当たる場合、あまりだらしがない座り方をしていると相手の方が不快になってしまいます。
どうしてそんな偉そうなんだと思われると、その後の関係が上手くいかなくなってしまうので注意したい所です。

最後に髪を触る行動です。
緊張すると髪を触りたくなるのも分かりますが、特に髪の手入れをしていないのに髪を触って、その後他の所に触れるというのは相手の方をとても不快にさせます。
最近は特に清潔感を重要視する方は増えているので、クセになっていた方は早期に改善するようにしましょう。

不快になりやすいクセはたくさんある

このように、相手の方を不快にさせてしまうクセは数多くあるので、きちんとひとつずつ直していくことをおすすめします。
大変かもしれませんが、その積み重ねで色んな人間関係が改善されると考えると、やる価値はあるのではないでしょうか。
気付くことで直していくことができるようになるので、まずはあなた自身の行動の振り返りからしてみることをおすすめします。
その後、改善しやすい所から取りかかっていきましょう。