仕事ができる人と仕事ができない人の違い

JP194_72A

仕事ができる人とできない人の違いって何なんだろう

仕事ができる人とできない人っていますよね。
今回はこの違いについてご紹介したいと思います。
僕がばりばり仕事ができるのかは分かりませんが、より良い仕事にはこだわっているので参考にしてもらえたらと思います。

違いをご紹介

できる人とできない人の違いは、まずは段取りです。
仕事ができる人は段取りをしっかりしています。
事前にどうしたらスムーズに進むかを考えて、それに沿って仕事をしていくためとてもスムーズに仕事が進んでいくのです。
仕事ができない人はここで手間取ってしまい、なかなか仕事をスムーズに進めることができません。
その結果仕事が遅くなり、仕事のクオリティも落ちてしまいます。

そのため、仕事ができるようになりたいと思ったらまずは段取りを意識してみると良いでしょう。
まず最初にやるべきこととしては、やるべきことを書き出すということです。
やるべきことを書き出してクリアにするだけでも、自分がどんな仕事を抱えていていつまでに終わらせる必要があるのかをチェックすることができます。
そして、余裕があれば優先順位を付けるなど、さらに工夫をしていくと良いでしょう。

優先順位は付けた方が良いという方と付けなくて良いという方がいますが、これは人によって違うと思います。
そのためあなたに合っているのはどちらかを見極めながら試すのが良いと思います。

次に、仕事ができる人は目的がはっきりしているということです。
目的や目標が決まっているとそれに向けて最短ルートで向かおうとします。
そのため無駄なことがなくなり、効率の良い仕事をすることができるのです。
仕事ができない人は目的や目標をしっかりと持っていないので、ついだらだらと仕事をしやすくなります。

このためには、あなたも目的や目標を一度考えてみると良いでしょう。
自分はどんな目的や目標で仕事をしているのかを書き出してみると、自分が本来やりたかったことに気付けるかもしれません。
そうすると、日々の仕事も違ったものになってきて、効率が良くなります。
さらに良い仕事ができるようになってくるので、無駄な時間と思わずにぜひ取り組んでみることをおすすめします。

仕事ができる人になろう

以上のようなことに気をつけるとあなたも仕事ができる人に近づけるはずです。
今はできない人かもしれないという方も、少しずつできることを行なっていくことで徐々にできる人になっていけるのです。
もちろんすぐには難しいかもしれませんが、日々意識することで近づいていくことができるはずです。
僕もさらにできる人になるために頑張っていきたいと思います。
ぜひ皆さんも日々の仕事を大切にして頑張ってくださいね。