経営コンサルタントの国家資格!中小企業診断士とは

中小企業診断士という資格はどんな資格?

中小企業診断士という資格はビジネスに対して幅広い知識、スキルを身に着けているかどうかを確認する試験です。
ビジネスを行う上で現代は非常に変化の激しい時代に入っており、その中でスキルアップ、キャリアアップを考える人材にはこの中小企業診断士などの資格取得が必須ともいわれています。

企業の経営資源となる人、モノ、経済、情報などに係わる知識をしっかり身に着ける事が出来、就職、転職、また独立開業する場合にあっても、溶断的な視野に基づく見解をし、その能力を発揮できるため、この資格を取得されている方は非常に有利です。
特定の領域に特化した専門的資格であり、この資格を保有してることで企業内、またマネジメントという事でもその能力を利用する事が出来ます。

問題解決力を付ける事が出来る

中小企業診断士の資格を取るために学ぶ際、物事の本質をつかみ倫理的に思考しそれを相手に伝えるというロジカルシンキングができるようになります。
このロジカルシンキングスキルを身に着ける事で、ビジネスの世界ではもちろん、プライベートな人間関係にもしっかり活かすことができ、人生においても高い能力を得る事が出来るのです。

問題解決能力が向上し、人から信頼される立場になる事が出来るというのは、人生においても大きな宝となるとなる事です。
資格を取得するために教室などに通う事で人脈を広げることもできますし、中小企業診断士となる事で様々な幅広い人たちとのかかわりがあります。
企業の中で部署同士をつなぐ役割にもなりますし、専門家としての立場で色々な人たちを係る事になるため、人脈の広がりはかなり大きなものとなります。

中小企業診断士の試験

1次試験と2次、筆記口述試験、実務補修・実務従事という三つの試験手があります。
1次試験では中小企業診断士としての基礎的知識を持っているかどうかを確認するマークシート方式の試験です。
他の国家資格を保有されている方については新制によって試験科目の一部免除もありますので確認してみましょう。

例年1次試験は8月に行われ、受験資格は特にありません。
配点は各100点で科目合格基準は満点の60%、その中で試験委員会が相当TOEFL認めた得点比率となります。
実施地区は例年、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇です。

2次試験は例年筆記が10月、口述が12月に行われます。
筆記試験は4科目、各設問15から200文字程度の記述式で、口述は筆記試験出題内容を元にして4問から5問、時10分程度の面接によって行われます。
受験資格は1次試験合格者です。
実施地区は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡です。

2次試験筆記合格者が口述試験に進みます。
実施地区は筆記試験と同じです。
この2次試験に合格し3年以内に実務補修を15日以上受ける、また実務に15日以上従事し、中小企業診断士の登録申請を行う事が出来ます。

実務補修は中小企業診断士の試験に合格し3年を経過していない人が受ける事が出来ます。
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡で受ける事が出来ます。

管理職を目指すなら必見!ビジネスマネジャー検定試験とは

ビジネスマネジャーとなる事の重要性

企業は組織で構成されていますが、その組織の中で管理職、つまりマネージャーとなる場合、企業、社員を結ぶ役割を持ち、社員に経営についてのビジョンを浸透させる、また事業戦略についての知識を深く認識させ、それを実行させるなど、人材育成という部分で非常に大きな役割を持っています。

しかしこれから前ネジメント業務についてゼロから手法を勉強するという事では、現代のように経営環境が変化していく中、かなり難しい事となるでしょう。
業務において成果を常に出し続けるためには、知識をしっかり入れること、それを活かすことが重要です。

そこで企業の中で知識を得ていくことはもちろん、マネジメントに対する総合知識を身に着ける事が必要となるのです。
マネージャーが常によい成果を出すためには良い情報を継続的に取り入れていくことが必要となり、その中でビジネスマネジャー検定試験というのは、マネージャーとしての知識や情報の取り入れ方などを深く効率よく学ぶことができる検定です。

マネージャーとして学ぶべきこと

組織の中のチーム、そのリーダーとして成果を積んでいくことが大切になるので、ビジネスマネジャー検定試験では、三つのカテゴリが用意されています。
コミュニケーション、人材育成などを深く学ぶ、人と組織についてのマネジメント、事業管理と各課題に対する戦略の立案などに必要な業務のマネジメントを学ぶ、さらにリスク管理、コンプライアンス、ハラスメントなどの職場のリスクマネジメント、この三つを学ぶことが必要です。

またチームのリーダーという立場に立つという事に不安を持っているという方も少なくありません。
精神的な戸惑い、リーダーとしてチームを牽引していくことができるのかどうか、その不安を払しょくするためにも、ビジネスマネジャー検定試験に向けて学ぶことはとても大切な事となります。
マネジメントの知識をしっかり得る事で不安をなくし精神的に積極性をもってマネジメントに挑むことができるように、深いマネジメント力を付けることで自信をもってリーダーとして活躍する事が出来ます。

ビジネスマネジャー検定試験の試験要項

学籍や年齢、性別国籍など関係なく受ける事が出来ます。
公式テキストの掲載内容とその知識を理解しているかの応用力を問う試験です。
マークシート方式による選択問題で2時間の試験時間の中、100点満点中70点以上で合格です。
受験料、試験会場については商工会などで確認してください。

試験の際には受験票と筆記用具、運転免許証やパスポート、写真付きの住民基本台帳カード、個人番号カードなどが必要となります。
スマホや携帯を時計代わりに利用する事は出来ないので、時計は腕時計のみ持込みできます。

キャリアアップに役立つ!未経験転職に有利な資格

未経験の転職に有利な資格をご紹介

これから新しい仕事にチャレンジしたいという方もいると思いますが、そうした方におすすめの資格もあります。
資格を取得しておくことでさらにあなたの転職が有利になるので、ぜひ取得しておくことをおすすめします。
業界によって役立つ資格は異なるので、あなたが希望する業界で役立つ資格を取得する必要があります。

ここでは様々な業界で役立つ資格をご紹介していくので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。
資格を持っていることで手当が出ることもあるので、企業の求人募集も合わせてチェックしてみてくださいね。

おすすめの資格をご紹介します

おすすめの資格として、まずはホームヘルパーの資格があります。
これは介護業界で役立つ資格です。
ホームヘルパーの資格があると介護が必要な方の自宅で介護業界を行なう専門的な知識などを身につけていることを証明することができます。
そのため転職も有利になりやすく、資格を持っているなら安心だからすぐに来てほしいという流れになることもあります。

介護業界では人手不足の職場もあるため、そうした職場なら比較的スムーズに転職が決まる可能性も高いです。
ホームヘルパーは2級と1級があり、レベルが分かれています。
まずは2級から取得するとスムーズに仕事を始めることができます。
余裕が出てきたら1級も取得すると手当が出たりさらに責任のある仕事を任せてもらえたりと、介護士としてのキャリアを高めることができます。

次に宅地建物取引主任者の資格です。
これは宅建と呼ばれる資格で不動産関連の仕事をする方には必須とも言えるような資格です。
不動産業界に転職を検討している方は、これを取ると有利になるというよりも、取っておかないと不利になってしまう資格と言えます。
早い段階での取得をおすすめします。

最後にMOSです。
あまり聞き慣れない方もいるかもしれませんが、企業では広く使われているマイクロソフト社のソフトを扱える方に対して与えられる資格です。
事務職などではPCスキルが必要になりますが、資格を持っているとPCスキルが十分ある証明になるので、事務の仕事を検討している方は取得してみるのもおすすめです。
PCスキルも学ぶ中でアップさせることができます。

転職に役立てよう

以上転職の際におすすめの資格をご紹介してきました。
どれも仕事に直結する役立つ資格なので、ぜひあなたに合った資格を取得して役立てていくことをおすすめします。
これを持っていれば未経験の方でもやる気があると認めてもらえやすくなり、他の未経験の方よりも採用してもらえやすくなります。
未経験の方を採用する際には少しでも良い方を採用したいと考えることも多いため、有利になりやすいです。

話のネタになる?ちょっと変わった資格一覧

変わった資格もありますよ

資格には色んなものがありますが、基本は仕事をするために必要になるので取得するというのが一般的です。
ですが資格の中には一体何に使うんだというような変わった資格もあります。
そうした資格を取得することで生活のどんな役に立つかと言うと、これは話のネタです。
周りの人と話す時に変わった資格を持っていると、一体どんな資格なのと気になられることもあるかもしれません。
もしかしたら異性の興味を惹ける可能性もあるかもしれないので、ぜひ取得してみることをおすすめします。

変わった資格は様々なものがあるので、あなたが興味の湧いたものを取ってみると良いでしょう。
勉強しているだけでも面白いのでおすすめですよ。

変わった資格をご紹介

変わった資格の一つめは箸検定です。
日本人が食事をする時になくてはならないもの、それが箸です。
箸は日本人の命と言っても良いかもしれません。

そんな箸に関する資格がこちらの箸検定です。
箸検定を取得していると箸のスペシャリストとして認められるようになります。
そうすると、何かあるかもしれません。
和食をさらに楽しむのに役立ってくれたり、色んな所で話題にすることができるので、ぜひ興味があればおすすめです。

次にお好み焼き検定です。
これはお好み焼きの資格です。
お好み焼きをこよなく愛している方は、こちらの資格を取得するのもおすすめです。
お好み焼きを味だけでなく知識でも楽しむことができるので、お好み焼きのプロとして認められるようになります。
お好み焼きがお好みの方は取ってみましょう。

さらにバーベキュー検定もあります。
夏などにはみんなでワイワイバーベキューをするという方もいるのではないでしょうか。
そして、その時には大活躍する方もいます。
バーベキュー検定はバーベキューに関する専門的な知識と技術を持ち合わせている証明になります。

そのため、バーベキューの際には周りの方に、自分はバーベキュー検定を持っているから俺を頼ってくれとひとこと言っておくと良いでしょう。
きっと何を言ってるんだと言われ、相手にされないかもしれませんが、それも面白いと思います。
もしくは、資格を持っているならもう全部やってほしいと言われて全てをこなすことになるかもしれません。
バーベキュー大好きな方は必見の資格です。

ダイエット検定というものもあります。
これはダイエットに関する資格で、持っているとダイエットの知識と技術を持っていることになります。
ダイエットは特に女性は興味があると思いますが、この資格を持っていればダイエットに詳しい人になることができます。
もしかしたらスポーツジムなどで役立つかもしれないので、実用的な資格になる可能性もあります。

あなたに合った資格はどれ?

以上、おすすめの変わった資格をご紹介してきました。
どれも魅力溢れる個性的な資格なので、ぜひ取得してみてくださいね。

社会人一年目におすすめ!評価や査定を上げる3つの資格

社会人一年めの方におすすめの資格

資格には色んなものがありますが、社会人一年めの方におすすめの資格もあります。
こうした資格を取得することで評価もアップしやすくなりますし、査定も高評価が期待できるようになります。
余裕のある方はぜひ取得を検討してみるのもおすすめです。

また、企業に対して高評価に繋がるだけでなく、こうした資格は取得のために勉強することで様々な生活に役立つ知識を身に付けることができます。
よりあなたの生活も充実したものになったり、スムーズに物事が進むようになることもあるので、ぜひ役立ててみて欲しいと思います。
それではここからご紹介していきます。

おすすめの資格をご紹介

おすすめの資格の一つめは、日本語検定です。
日本語は誰でも話せるものですが、正しい日本語を理解している方はあまり多くはありません。
ビジネスでは敬語を始めとして、正しい日本語が重要になります。
この資格を取得しておくことで日本語が正しく理解できている方という評価を得やすくなるので、大切な商談の場でも信頼されるようになる可能性も高くなります。

次に日本語漢字能力検定です。
漢検の名称でご存知の方も多いのではないでしょうか。
2級くらいのレベルになるとかなりマニアックな漢字なども出題されるようになり、豊富な漢字に対する知識が求められます。
1級になるとさらにハイレベルで、漢検の最高レベルとなっています。
2級を持っているとかなり高評価に繋がる可能性があります。

三つめにビジネス実務マナー検定です。
これはビジネスシーンでのマナーについての資格です。
ビジネスではお客様や目上の方と接する機会も多く、そうした機会にはマナーもとても重要になります。
そうした基本的なマナーを習得できていることの証明になる資格です。
特に社会人一年めの方はマナーがまだ習得できていない方もいるため、取得しておくと役立つこともあるはずです。

仕事にプラスして、余裕があれば取得しよう

以上社会人一年めの方におすすめの資格を3つご紹介してきました。
どの資格もとても役立つものではありますが、最も役立つのは目の前の仕事をしっかりとこなすことです。
その上で余裕があれば資格も取得するとプラスに繋がることもあります。
ぜひ頑張って取得してみるのもおすすめです。

すぐには役に立たないかもしれませんが、今後生活していく中でふとした時に役立ってくれることもあるので、その時のために取得しておきましょう。
また、上に挙げた資格は比較的難易度としては易しいものになるので誰でもチャレンジすることができます。
勉強することも増えますが、楽しみながら頑張って勉強しましょう。
僕も社会人一年めではないですが、資格の取得を考えてみようと思います。

あまり知られていない?マナー系検定まとめ

マナー系の検定をご存知ですか

皆さんはマナーに興味がありますか?
僕はあります。
営業の仕事で様々な方とお会いしていると、マナーに気をつける必要がある機会もあります。
そこからマナーに興味を持つようになりましたが、実はマナーには検定というものがあり、それぞれが異なるマナーが身に付いていることを証明するものとなっています。
取得しておくと仕事でも有利になることがあるので、興味のある方は取得もおすすめです。

僕もせっかくなのでマナーの検定も受けてみようかなと思っています。
ここでは色々なマナー検定をまとめてみたので、ぜひ参考にしてほしいと思います。

マナー検定をまとめてご紹介

まずは秘書技能検定試験です。
これは秘書として仕事をしたい方向けの検定と言えます。
秘書として仕事をする際には社長の付き添いなどもあり、そうした時にはマナーも大切になります。
この検定を持っていると必要なマナーを持っている方として認められやすくなり、秘書として採用に至る可能性も高くなります。

次に社会常識能力検定試験です。
これは社会人としての常識が身に付いているかの検定です。
常識が身に付いていることで幅広い教養がある方と思ってもらいやすくなり、様々なコミュニケーションがスムーズに進むようになります。
常識はある程度身に付いている方も多いかもしれませんが、それをよりしっかりと固めることができるのでおすすめです。

次にビジネス実務マナー検定です。
これはビジネスシーン全般で役立つマナーの検定です。
ビジネスの現場でもマナーはとても大切になりますが、こうしたマナーを一通り身につけている証明にすることができる検定です。
僕が検討しているのもこの検定です。
ビジネスで役立つ検定は実務に直結するので、持っておいて損はないと思います。

最後にレストランサービス技能士です。
これはレストランなどの飲食関係の仕事に就く時に役立つ検定です。
食事の際のマナーは悩む方も多いものですが、そうした食事の際のマナーなどについて一通りの知識と技術を身につけている証明となる検定です。
取得しておくとプライベートでも恥をかかずに済む資格です。

僕もあまり高級なレストランなどは行ったことがないのでこうした食事のマナーはまだまだ甘い所があると思います。
こうした検定で勉強してみようかなと思います。

あなたに合った検定はどれ?

以上、マナー系の検定についてご紹介しました。
それぞれで用途も異なるので、あなたに合った検定をチェックして取得するのがおすすめです。

マナー系の検定は意外と多くの方がその存在に気付いていませんが、取得しておくと色んな場面で役立つ可能性があります。
ぜひあなたもこれを機会に他の情報をチェックしてみるのも良いと思います。
マナーの世界も奥が深いですよ。

スキルアップを目指すWebデザイナーにおすすめな資格

AD042

webデザイナーがスキルアップするのにおすすめの資格

僕の仕事は営業でwebデザイナーではないのですが、webデザイナーの方におすすめの資格があります。
スキルアップのためにwebデザイナーの方が取得できる資格には様々なものがあり、必要に応じて取得することをおすすめします。
取得することでより幅広いスキルを身につけているデザイナーの方と認められやすくなりますし、フリーで仕事をしている方は仕事の依頼も来やすくなります。

また、転職にも活かすことができます。
様々な資格を持っているとそれだけでアピールになるので、ぜひ機会があれば取得しておきましょう。
ここでは営業の僕がおすすめするwebデザイナーの資格をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

webデザイナーのおすすめ資格

まずおすすめの資格は、Webクリエイター能力認定試験です。
これはサイト作成や構築をするのに必要な技術を身につけている方が取得することができる資格です。
サイト作成には専門的な技術や知識も多く必要になりますが、この資格を取得できるとそうした幅広い知識や技術を習得した証明にすることができます。

資格の取得のための試験は実技と学科両方での試験となっています。
知識だけがあっても実技が合格できないと不合格になってしまうので、十分に対策を行なって試験に臨むようにしましょう。

次におすすめの資格がPhotoshopクリエイター能力認定試験です。
webデザイナーの方なら使っている方も多いPhotoshopですが、様々な機能があり、その技術力を証明する資格です。
Photoshopでできるひと通りの機能を使いこなせる方が取得することができます。
基本の操作以外にも様々な微調整などの細かい操作方法についても把握しておく必要があります。
Photoshopはどの企業でもデザイナーの方にはスキルとして求められるので、使いこなせることをアピールする資格として有効です。

もうひとつwebデザイナーの方が取得しておくと良い資格として、Ilistratorクリエイター能力認定試験があります。
Ilistratorもwebデザイナーの方は使いこなせると仕事の幅が広がるソフトです。
即戦力として活躍できるような技術が習得できているかの証明になる資格で、Ilistratorを多用する企業では持っていると転職でも有利になることがあります。
Photoshopと両方持っておくと基礎となるスキルはしっかりとマスターしている方と認めてもらえるので取得してみるのもおすすめです。

まずは一つの取得から始めよう

このようにwebデザイナーの方におすすめの資格は数多くあります。
まずは一つの資格の取得からスタートして、そこから色々な資格の取得を目指すのがおすすめです。