新社会人に送る!手軽に睡眠の質を高めるコツ

生活環境が変わると、眠れなくなる人が続出

春になると、たくさんの人が新生活を始めるためか、引越し屋さんのトラックを街でよくみかけるようになりますね。僕が思い出すのは、新生活が始まったあとの不眠症です。引っ越して1、2週間くらいは、うまく寝付けない日々が続きました。急激に生活環境が変化するワケですから、眠れなくなるのも頷ける話なのですが、同じような経験をした人も居るのではないでしょうか?

新生活に伴う睡眠障害に苛まれる人を減らすためにも、今日は環境が変わってもグッスリ眠れるコツを伝授しましょう。

寝る時は部屋を真っ暗にしよう

眠る時には、寝室の部屋の明かりを付けずに真っ暗にしたほうが、睡眠の質は高くなります。

これは、眠りをもたらす「メラトニン」という脳内ホルモンの働きが関わってくるためです。メラトニンが脳内から分泌されると、体温や血圧が低下して、眠るための準備を整えてくれます。このメラトニンは、昼のように光が強い環境だと分泌が鈍くなり、夜間のように暗い環境だと、分泌が活発になるという性質を持っています。一般的に人間が、夜間に自然と眠くなるのも、メラトニンの分泌量が増加するためです。

そのため、部屋が明るい環境だと、眠気を発生させるメラトニンの分泌が上手くいかなくなり、寝付きが悪くなってしまいます。自然な形で眠りにつくためには、部屋を暗くして眠ることを心がけましょう。眠気を誘発させるため、可能であれば、眠る前に小一時間程度は部屋を暗くしておくのもいい方法ですね。あとは、完全に寝室を暗闇にしてしまうことに抵抗がある場合は、豆電球を灯してもいいでしょう。

個人的には、豆電球も付けないほうがグッスリ眠れます。この辺は個人差があるでしょうね。ちなみに、眠る前のスマホやパソコンは、発せられる光によって目が覚めてしまうため、使用をなるべく…極力控えてください。

遮光カーテンやアイマスクは使用しないほうがいいです

光を遮ることで眠りやすくなるのであれば、遮光カーテンやアイマスクを使いたくなりますが、これは推奨しません。何故なら、朝に自然な形で目覚めるためには、太陽の光が必要になるからです。朝は太陽が光をもたらし、身体や頭を自然な形で目覚めさせてくれます。いわば太陽は「天然の目覚まし時計」みたいなもので、スッキリした寝起きには欠かせない要素です。

ところが、遮光カーテンやアイマスクで光を強制的に遮ると、太陽の光を上手く感知することができません。そのため、つい寝すぎてしまったり、目覚めた後にも強い眠気を感じやすくなったりします。遮光カーテンやアイマスクは、夜勤者が昼間に睡眠をとる必要がある際は有用ですが、夜に眠る際は使用を控えた方がいいでしょう。例外として、朝になったら自動的に遮光カーテンが開くユニークな装置を使っているのであれば話は別ですが…。

熱すぎない風呂にゆっくり入浴しましょう

眠る前にお風呂に入ると、身体がリラックスして眠気が誘発されます。また、温まった身体は、元の体温に戻そうとする際に眠気を発生させる効果をもたらします。このリラックスと体温変化の相乗効果によって、快眠を得やすくなるのです。また、ラベンダーやカモミールのように、神経を落ち着かせてくれる効果をもたらすアロマや入浴剤を併用してもいいでしょう。

ただし、熱すぎる風呂に入浴してしまうと、身体の血流を促進させて興奮作用をもたらし、リラックスどころの話では無くなります。温度の感じ方には個人差こそありますが、38度から40度程度の湯に入浴するのが理想ですね。

生活に慣れてしまえばこっちのもの

新生活に伴う不眠症は、慣れない環境が原因です。程よく時間が経過し、生活のリズムが整ってきた暁には、不眠症も自然と影を潜めます。そのため、眠れないと悩んだ時は、新しい環境に適応するように努めることにも注力しましょう。また、眠れない原因として、新しい仕事や学校におけるストレスが知らぬ間に蓄積していることも考えられます。そのため、快眠を得るには、休日や余暇を上手に活用してリフレッシュすることも重要ですね。

睡眠の質を高める方法として、とくに何かを買うこともなく、すぐ実践できる方法としてはこんな感じです…。睡眠薬や睡眠導入剤を用いることなく眠れるようになれば、経済的にもお得だと思います。やっぱり、どんなに忙しくても起きている間に最高のポテンシャルを発揮できるくらいの睡眠時間は確保したいものですね。

恐怖!花粉症を引きおこす植物はスギだけじゃない!

花粉症を引き起こす草木は無数に存在する!

冬の寒さも和らぎ温かくなってくると、花粉症の人にとっては憂鬱です。そのため僕と同じように、はやくスギ花粉の季節が終わらないかなぁと、毎年のように悩ましい日々を送っている人も多いことでしょう。

しかし、花粉症の元凶ともいえるスギの木以外にも、残念なことに花粉症を引き起こす草木は数多く存在するのです。スギ花粉が飛散するシーズンでは無いのにクシャミや鼻水、目のかゆみが治まらない方は、スギ花粉以外の花粉症を患っている可能性があります。今日は、スギ以外で花粉症を引きおこす代表的な植物を紹介しましょう。

 

ヒノキによる花粉症

スギと同様に、高級木材として名高いヒノキも花粉症を引き起こす代表的な樹木です。このヒノキ花粉は、3月から4月にかけて飛散のピークを迎えますが、関東では若干早く、2月から飛散し始める特徴があります。加えてスギ花粉を患っている人は、ヒノキ花粉でも花粉症の症状が表れることが多いです。両方の花粉が飛び交う季節ほど、マスクや花粉カットメガネを使って、対策を怠らないようにしましょう。僕は痛いほどに痛感していますが、怠ると涙と鼻水の量が倍になります。

ヒノキは優れた耐久性と耐水性を持ち、加工も容易であることから、1000年以上も昔から最高品質の建築材料として使われてきた樹木です。しかしながら、同時に数百万単位の日本人を苦しめている元凶にもなっています。恨むべきか称賛すべきか、悩ましい樹木ですね…。

 

ブタクサによる花粉症

ブタクサはアメリカ生まれの植物ですが、今では日本やヨーロッパ、オーストラリアなど世界中に生息しています。ブタクサの花粉は9月から10月頃に飛散するため、秋頃に花粉症の症状が表れる場合は、ブタクサの花粉症を患っている可能性が高いでしょう。目のかゆみや鼻水のほか、ぜんそくの症状が表れることもあり、その点はスギやヒノキよりも厄介な植物かもしれません。唯一の救いは、花粉が飛散する距離が短く、植物に近づきさえしなければ、症状が表れることが少ないということでしょうか。

世界中に分布するブタクサだけに、その繁殖力は並大抵のモノではありません。春に芽吹いたブタクサでも、花粉を飛ばす季節になると1メートルから2メートル近くにまで成長します。ちなみに原産国であるアメリカでも、ブタクサの花粉症を患っている人は多く、世界規模で見ても「とても厄介な雑草」という認識で間違いないでしょう…。

 

ヨモギによる花粉症

草餅や天ぷらにも使われ、食用としてのイメージが強いヨモギも、花粉症を引き起こす植物として知られています。先に紹介したブタクサと同様に、ヨモギの花粉も秋にピークを迎え、花粉の飛散距離も短いという特徴があります。そのため、ヨモギ自体に近づかなければ花粉症の症状は発症しません。スギやヒノキが猛威を振るう春に比べれば、秋は多少なりとも安心できる季節でしょう。

ただし、花粉自体の飛散距離は短くとも、ヨモギは道路脇や公園など、日常的に利用する場所に繁殖しているという点に変わりはありません。近づかないようにするのが難しい場合は、マスクやゴーグルで花粉そのものをガードするのが一番ですね。

 

イネによる花粉症

日本の食卓には欠かせないお米が採れる植物こと稲も、意外なことに花粉症を引き起こします。この稲は、花粉による実害はほとんど無く、収穫時にもみ殻から飛散する粉塵によって、アレルギーを発症させるのが最大の特徴です。

そのため、脱穀や収穫に携わる人でもなければ警戒しなくてもよいのでは?と思いがちですが、ややこしいことに『イネ科の植物』に関しては、しっかりと花粉症を引き起こす花粉を飛ばします。そのため、ムギやススキ、カモガヤなどのイネ科の植物に関しては、花粉を飛散させる4月から9月にかけて注意が必要です。春先の花粉症が治まらない場合は、原因はイネ科の植物である可能性が高いといえます。ちなみに、アメリカに多いのはブタクサ花粉症でしたが、ヨーロッパ圏にはこちらのイネ花粉症を患っている人が多くなっています。

 

襲いかかる花粉にどう対処すればいい?

ものすごく残念なことに、一度花粉症が発症すると現代医学では治療することはできません。そのため、できる限り花粉から身を守る対抗策が必須になります。

 

まずは天気予報の花粉情報をチェック

花粉症はもはや国民病とも言える病気のためか、気象庁では、天気予報で花粉の量や風向きなどを知らせています。外に出る前は、しっかりと天気予報を確認して、どの程度花粉に警戒すべきかを確認したうえで外出しましょう。もちろん、不要な外出は極力避ける方が、花粉症に悩まされることも少なくなります。ピークが過ぎ去るまでは、なるべく家で過ごすのもいいかもしれません。地域によって差はありますが、花粉が一番飛散する時間帯はお昼頃、つまり午後1時から3時ぐらいがピークでも。

 

花粉を防御するアイテムを身につけよう

極端な話、身体や顔に降りかかる花粉を完全にシャットアウトすることができれば、花粉症の症状は現れません。そのため、花粉の多い季節は、帽子、マスク、ゴーグルを身につけることにくわえて、花粉が付かないようにポリエステルやナイロン素材の衣類を着るのもいいですね。昨今は、花粉除去の機能に特化したメガネやマスクが売られているので、花粉の季節用に購入を検討してもいいかもしれません。

 

花粉を家に持ち込まない

家に帰った後は、シャワーや洗顔、うがいをして身体や顔に付いている花粉を出来る限り除去しましょう。家の中に飛び交う花粉が多いと、寝ている間に症状の悪化に繋がりかねません。窓を開けっぱなしにしておくのも、花粉を自ら招いているようなものなので、こまめに閉じておくほうがいいでしょう。

 

繰り返しになりますが、花粉症を完全に治すことはできません。ですが、花粉がよく飛散する植物別のシーズンや、各種対処法を事前に学ぶことで、幾分は暮らしやすい日々を過ごすことができるでしょう。現代医学が発達すれば、花粉症の治療法も確立しそうなものですが、せめて生きているうちに花粉症に悩まされることのない春を過ごしてみたいものです。

完全に花粉から身を守ってくれる装置のようなものがあればなぁと、日々願っています。

パソコンとスマホ使用者に!効き目バッチリの目薬はコレだ!

本当に優れている目薬をレビュー形式で紹介

薬局の目薬売場に行くと、その種類の多さにいつも辟易としています。ザっと数えるだけでも、50種類くらいは軽くあるのではじゃないでしょうか…本当にいい目薬は一体どれなのだろうと…。僕は仕事の傍ら、パソコンやスマホを使うことが多いため、目のケアに関してだけは余念がありません。同じように目のケアをしようにも、どの目薬を選んでいいか解らない人のために、今日は今まで使ってきた目薬の使用感を紹介しようと思います。

 

サンテFX、サンテFX(Vプラス)

参天製薬の主力商品こと、清涼感が自慢の目薬「サンテFX」は、数ある目薬の中でもかなりオススメの部類です。含有されているタウリンの効果により、目の回復機能をアップさせて疲れた目を優しく、そして素早くで癒してくれます。目薬の中ではかなりのシェアを誇り、どこの薬局でもリーズナブルな価格設定で取り扱っているので、手に入りやすいのもメリットですね。

このサンテFXにビタミンやアミノ酸を加え、目の回復効果を強化した「サンテFX Vプラス」も存在します。こちらは体感的に、清涼感がちょっと強まったかな…という程度で、普通のサンテFXとそこまで違いは感じられませんでした。そのため、コストパフォーマンスをより重視するならば、黒いパッケージのサンテFXを選ぶほうがいいですね…。

 

【評価】
値段・コスパ ★★★★★
清涼感    ★★★★☆
目の疲労回復 ★★★★✩
オススメ度  ★★★★★

 

新Vロート

最初に発売されてから、50年以上もの歴史があるロングセラー商品の「Vロート」です。大量のハトが飛び回るCMでもお馴染みですね。ほかの目薬と異なる点は、マルチな効果を宣伝文句に使っている点で、あらゆる目の症状を正常に戻します。主に、疲れ目や乾き目、結膜充血、紫外線による眼炎、コンタクトレンズによる不快感など、困った時の一本として頼れる目薬なので、とりあえず手元に置いておけば損はしません。薬液の量が1.5倍になった「大容量タイプ」があるのも嬉しい。

ただし「この症状に効く目薬が欲しい!」という人は、症状別に特化したロートの目薬を選びましょう。例えば、スマホ・パソコン用、加齢による疲れ目用など、ロートシリーズは種類が豊富です。ちなみに、Vロートには強い清涼感が無いので、クールな目薬が苦手という人にもオススメ。

 

【評価】
値段・コスパ ★★★★★
清涼感    ★★☆☆☆
目の疲労回復 ★★★✩☆
オススメ度  ★★★★☆

 

ロート養潤水α

養潤水は、「寝る前に使う目薬」というちょっと変わったコンセプトの目薬で、寝ている間に時間をかけて目を癒してくれます。と、喧伝されていますが、実感できるほど目がスッキリする効果は得られませんでした。ソフトコンタクトを装着中には使えないという点も、地味だけどマイナスです。差し心地はそこまで悪くないのですが、効果の汎用性も低いのも悩みどころ。

あとは取り扱っているお店が少ないので、見つけること自体もちょっと苦労するかもしれません。パッケージはものすごく好みなのですけどね…。ちなみに、逆のコンセプトで「朝に起きた時に使う目薬」として「ロート新緑水」という製品もありますが、まぁ養潤水とどっこいどっこいでしたね…。

 

【評価】
値段・コスパ ★★☆☆☆
清涼感    ★☆☆☆☆
目の疲労回復 ★★✩☆☆
オススメ度  ★★☆☆☆

 

ティアーレW

ティアーレWはコンタクトレンズをしている人向けの目薬で、装着液としても使えます。コンセプト通り、コンタクトレンズをしている人には一石二鳥な目薬ですね。最初はどっちつかずの印象を受けましたが、差し心地も、疲労回復効果もそこまで悪くありません。長い時間効果が持続するのも嬉しいメリットかな。ですが、30本に小分けされてパッケージされているため、きっかり30回しか使えません。そのため、値段を考慮するとちょっとコスパは悪いかもしれませんね。実際に使ってみて、差しやすいという点では、ほかの目薬よりも利があるのですが…。

あとはティアーレを買おうと思ったら、目薬コーナーだけを探すことは控えましょう。なぜならティアーレは薬局で取り扱ってないことが多い、と見せかけて、実はこっそりとコンタクトレンズのコーナーに置かれていることもあるので…えぇ。

 

【評価】
値段・コスパ ★★☆☆☆
清涼感    ★★★★☆
目の疲労回復 ★★★☆☆
オススメ度  ★★★☆☆

 

ザジテン

ザジテンは、花粉症やハウスダストなどにアレルギーを持つ人向けの目薬です。目の充血や疲労解消といった基本的な効能のほかに、アレルギーによる目の症状を緩和してくれます。僕は軽度と言っても花粉症持ちなので、多少期待していましたが、喧伝されている通りの効果をかなり実感します。目薬としてはかなり優秀でしょう。コンセプト通り、花粉症やハウスダストアレルギーの人は使って損は無いです。

ただし値段はそこそこ高いです。1200円くらいします。あとは花粉症の季節以外だと、恩恵をそこまで享受できません。加えてコンタクト装着中も使えません。効果の高さは折り紙付きですが、目薬としては人を選びます。最高な人にはホントに「最高!」です。

 

【評価】
値段・コスパ ★☆☆☆☆
清涼感    ★★★☆✩
目の疲労回復 ★★★★★
オススメ度  ★★✩✩☆

 

マイティア美瞳

マイティア美瞳は、涙よりも粘性の高い薬液により、効果が長く続く事が自慢の目薬です。喧伝されている通り、目薬を差した後の数時間くらいは、目が乾くこともなく実感できるレベルで持続性がありました。が、この目薬はそれ以上に、ピントが回復する機能にも優れています。遠目にブレていた景色が、自動フォーカスのように鮮明に映ったのはちょっと驚きです。

もっともマイティア美瞳に、視力を回復させるような大仰な効果は無いのですが、とくに黒板の字が見えにくくなったという学生さんにいいかもしれませんね。1本800円程度とそれなりの値段ですが、ほかの目薬よりも内容量が多いので、まぁ許容内でしょう。

 

【評価】
値段・コスパ ★★☆☆☆
清涼感    ★★★★✩
目の疲労回復 ★★★★★
オススメ度  ★★★★☆

 

総合的には「サンテFX」が一番

総合的に見て優れている目薬は「サンテFX」でした。机や仕事場のデスクに置いておけば、いつでも疲れ目に対処することができるので、仕事や勉強の効率アップに重宝しています。もちろん単純な効果だけを見るのであれば、ほかにも優れた目薬は存在するのですが、値段や汎用性などの観点から、万能な目薬という点ではサンテFXが一番でしょう。